元素が生まれる時

星の中では核融合が起きており、常に新しい元素が作られています。
特に、太陽よりも10倍以上重い星の中では、時間とともに炭素、酸素、ケイ素などのさまざまな元素が作られ、
一生の最期にはたまねぎのような層状構造が星の中に出来上がります(右側の図)。
このような重い星は、一生の最期に大爆発を起こすことが知られています。
これが「超新星爆発」と呼ばれる現象です(左側の写真)。
超新星爆発によって、星の中で作られた元素は宇宙空間に放出され、
ほとんど水素とヘリウムだけで始まった私たちの宇宙に新たな元素がもたらされます。
星の誕生と爆発のプロセスを無数に経て、私たちの宇宙はさまざまな元素にあふれた現在の姿となったのです。